Offline Files@Windows 7 サービスの無効と有効

Offline Files
オフラインファイルサービスは、オフラインファイルキャッシュのメンテナンス活動の実行、ユーザーのログオンおよびログオフイベントへの応答、パブリックAPI の内部の実装、およびオフライン ファイル活動やキャッシュ状態の変化に興味を持つユーザーに対する興味深いイベントのディスパッチを行います。

Offline Files⇒無効

このWindows 7 のサービスは、通常の個人使用では不要です。オフラインファイルは、ネットワーク共有フォルダにある共有ファイルをローカルストレージにキャッシュし、ネットワークから切断された環境でも、そのキャッシュにある共有ファイルの利用が可能にするというもの。LANを構築していない場合は、ほとんど必要性がありません。
posted by Windows 7 サービス | Offline Files
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。