Network Access Protection Agent@Windows 7 サービスの無効と有効

Network Access Protection Agent
ネットワークアクセス保護(NAP)エージェントサービスは、ネットワーク上のクライアントコンピュータの正常性に関する情報を収集し、管理します。NAP エージェントによって収集された情報は、クライアントコンピュータ上に必要なソフトウェアや設定があるかどうかを確認するために使用されます。クライアントコンピュータが正常性ポリシーに準拠していない場合、コンピュータの構成を更新しないと、ネットワークへのアクセスが制限されることがあります。正常性ポリシーの構成によっては、ユーザーがコンピュータを手動で更新しなくても完全なネットワークアクセスを回復できるように、クライアントコンピュータが自動的に更新されます。

Network Access Protection Agent⇒無効

このWindows 7 のサービスは、一般的なエンドユーザーには必要ないというか関係ない思います。無効にしても問題ないと思います。
posted by Windows 7 サービス | Network Access Protection Agent
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。