KtmRm for Distributed Transaction Coordinator@Windows 7 サービスの無効と有効

KtmRm for Distributed Transaction Coordinator
分散トランザクションコーディネーター(MSDTC)とカーネルトランザクションマネージャー(KTM)間のトランザクションを調整します。不要の場合は、このサービスを停止したままの状態にしておくことをお勧めします。必要な場合は、MSDTC とKTM の両方で、このサービスは自動的に開始されます。このサービスが無効になっている場合、カーネルリソースマネージャーと対話しているMSDTC トランザクションは失敗し、このトランザクションに明示的に依存しているすべてのサービスが開始できません。

KtmRm for Distributed Transaction Coordinator⇒手動

このWindows 7 のサービスは、いまいちよくわからないのでスタートアップの種類はデフォルトの手動を推奨。

※無効にして様子見中。
posted by Windows 7 サービス | KtmRm for Distributed Transaction Coordinator
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。