Extensible Authentication Protocol@Windows 7 サービスの無効と有効

Extensible Authentication Protocol
拡張認証プロトコル(EAP)サービスは 802.1x ワイヤードおよびワイヤレス、VPN、ネットワークアクセス保護(NAP)のようなシナリオでネットワーク認証を提供します。EAP は、認証プロセス中にワイヤレスおよびVPN クライアントなどのネットワークアクセスクライアントで使用されるアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)も提供します。このサービスを無効にすると、このコンピュータはEAP 認証を必要とするネットワークにアクセスできません。

Extensible Authentication Protocol⇒手動

このWindows 7 のサービスは、EAP を使用するのに必要です。特に無線LAN を使う場合などは無効にしてはダメです。スタートアップの種類はデフォルトの手動で。
posted by Windows 7 サービス | Extensible Authentication Protocol
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。