Cryptographic Services@Windows 7 サービスの無効と有効

Cryptographic Services
提供される管理サービスは、次の4つです。カタログデータベースサービス: Windows ファイルの署名を確認し、新しいプログラムをインストールできるようにします。保護ルートサービス: 信頼されたルート証明機関の証明書をこのコンピュータで追加および削除します。ルート証明書自動更新サービス: Windows Update からルート証明書を取得し、SSL のようなシナリオを有効にします。キーサービス: 証明書用にこのコンピュータを登録します。このサービスが停止している場合は、これらの管理サービスは正常に機能しません。このサービスが無効の場合は、明示的にこれに依存しているサービスは開始できません。

Cryptographic Services⇒自動

このWindows 7 のサービスは、Windows Update やルート証明書等に必要なため有効にしておくべきです。スタートアップの種類はデフォルトの自動で。
posted by Windows 7 サービス | Cryptographic Services
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。