Application Identity@Windows 7 サービスの無効と有効

Application Identity
アプリケーションのID を判定および検証します。このサービスを無効にすると、AppLocker が適用されなくなります。

Application Identity⇒無効

このWindows 7 のサービスは特定のプログラムの実行を禁止したり、指定したバージョンや署名を持っているプログラムのみを実行できるようにしたりするなど、不要なプログラムの実行などを制限できる機能「AppLocker」を使用しないのなら、無効にしても問題ないと思います。
posted by Windows 7 サービス | Application Identity
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。